任意売却の流れ|不動産売却における様々なケースと基本的な方法
女性

不動産売却における様々なケースと基本的な方法

任意売却の流れ

住宅模型

任意売却とは、資産の持ち主が本来払うべきローンを払えなくなってしまうような状況を救うための制度です。通常、ローンが払えなくなると資産を売却することで担保とすることが多いですが、場合によっては資産を売却してもローン全てが払えないという状況が考えられます。そうなってしまっては売却したくてもできません。福岡や全国で行なわれる任意売却は、そうした方を救済する手続きなのです。その流れについて以下でお伝えします。
ローンの支払いが滞ると、いわゆる住宅ローン滞納という状態に陥ります。福岡や全国においては様々な理由でこの住宅ローン滞納状態に陥る方が増えています。急な病気で職を失ったり、突然リストラされたりなど、あらゆる可能性が考えられます。この住宅ローン滞納の一か月目で催促状が送付され、三か月目から六か月目で契約違反の状態となります。契約違反の状態となった場合は分割払いの権利を失うことになります。従って、全額一括返済が求められるのです。
このタイミングで発動できるのが任意売却です。債権者と相談のうえ合意を得る必要がありますが、合意を得ることで任意売却が可能なのです。このタイミングを逃してしまうと任意売却ではなく競売の方法で支払いを行なう必要が出てきます。福岡や全国においては、競売になると債権者が強制的に資産を差し押さえるため、日常生活にさえ支障をきたす可能性があります。
以上が任意売却の流れですが、任意売却はタイミングを逃すと行なえないリスクを含んでいます。任意売却については相談を実施している不動産会社があります。気になる方は早めに福岡や全国の不動産会社へ相談すると良いでしょう。早めの対応が安心に繋がります。